並木Sクリニックについて

並木Sクリニックは広島市中区にある美容外科です。院長(記事執筆当時の院長)はベテランの医学博士林道義医師で、若い美容外科が多い中にあってとても安心感があります。

林医師は昭和43年に広島大学医学部を卒業後、東京警察病院形成外科、杏林大学形成外科で研修を重ね、昭和50年~51年にかけてアメリカのテキサス大学に留学経験を持っています。

また帰国後は東京女子医大形成外科(助教授)、都立広尾病院形成外科(初代院長)を経て、昭和59年に林形成外科・美容外科開業、平成21年5月より現在の並木Sクリニックの院長を務めています。

並木Sクリニックの治療方針は、容姿体型に深刻な悩みを抱えている患者さんの立場に立って最良の治療を施すことです。発毛外来などメンズのメニューも充実しています。

並木Sクリニックの発毛外来の特徴

並木Sクリニックの発毛外来の特徴は、それぞれの症状に合わせて、最善の治療を施していることです。一口に薄毛といっても様々な種類があります。

大きく分けると、男性型脱毛症、瀰漫性脱毛症、円形脱毛症の3つになります。男性型脱毛症の場合は男性ホルモンが原因となっているので、その作用を弱め、血流を促進して毛髪を太くしていきます。

瀰漫性脱毛症は高齢になると男女問わず発症しやすく、地肌が透けてきます。そこで毛髪を太くさせたり、成長期を延長させるように治療していきます。

また円形脱毛症は、副腎ステロイドや抗アレルギー剤などの薬で治療していきます。発毛外来の治療の流れは、カウンセリング、検査、治療という順番となり、治療方法は主に薬を用いて行います。

並木Sクリニックの発毛外来の料金について

並木Sクリニックの発毛外来の料金体系は、初診料が3,000円、検査代が5,000円からとなっています。

内服薬の料金はプロペシアが9,334円、パントガールが16,000円、また外用薬の料金はRogaineフォーム1ヶ月分8,000円、nizoralシャンプーが5,000円となっています。

スカルプケアの施術の料金は、初回が9,600円、2回目以降は1回につき12,000円です。初診料や検査代は一般的な美容外科と比較すると安く設定されています。

内服薬や外用薬は相場並みと判断して良いでしょう。並木Sクリニックではオリジナルの薬は処方していません。男性専用のキャンペーンを実施している場合もあるので、男性の方は是非一度公式サイトをチェックしてみてください。

並木Sクリニックの公式サイト

http://namiki-clinic.com/

並木Sクリニックの住所とアクセス方法

並木Sクリニックの住所

住所は広島県広島市中区三川町5-11です。
最寄りの駅は広島電鉄宇品線「袋町駅」となっており、東口出口より約300メートル、徒歩3分ほどの非常に通いやすい場所に立地しています。

アクセスの方法について詳しく

「袋町駅」東口を出ると向かいにセブンイレブンが見えます。そのセブンイレブンがある細い通りをまっすぐ3区画進むと、300メートルほどでやがて並木通りの大きな道路に出ます。

信号を渡って右手に並木Sクリニックがありますが、隣に郵便局があるのが目印です。駅からとても近いので、美容外科としては大変通いやすい病院といえるでしょう。また周辺はホテルが立ち並び、落ち着いた雰囲気の街並みとなっています。