AGAの初期症状について

AGAの特徴としては薄毛がゆっくりと進行してくるという点です。そのため、初期段階では症状に気づきにくいため、対策が遅れてしまうことがあります。
初期症状として抜け毛が増えるため、頭頂部や前頭部から薄毛が進行していきます。また、側頭部付近に関してM字状に抜け毛が進行してくることもあります。人によってパターンなどに違いがありますが、初期症状に早く気づくためには、定期的に鏡で頭部をチェックすることや、髪の毛が抜け落ちる量をチェックするために、洗髪時に排水溝をチェックして髪の毛が抜け落ちた量が増えていないかチェックしておくことが大切です。
疲労やストレスなどによっても一時的に髪の毛が抜ける量が増えることもあります。ですが、AGAの場合と違い数日程度でおさまることが多いため、数日間以上続く場合には、AGAの可能性がでてきます。早い段階で気づくことができれば、対策をすることで進行を遅らせることやある程度、改善が見込めることもあります。

AGAは放置せず早めの対策を心がけよう

髪の毛自体には寿命があり、伸びて成長しきると抜け落ちてしまいます。しかし、正常な髪の毛の場合には、休止期、成長期、退行期という流れでヘアサイクルが保たれています。基本的には成長期の時期が一番長い傾向にありますが、AGAの場合には、この成長期の時期が正常な髪の毛に比べてかなり短くなってしまいます。そのため、毛母細胞の寿命が尽きてしまう状況になると新しい毛が生えてこないことにになるため、できればそのような事態は避ける必要があります。

髪の毛が生えてこない状態になる毛根が多くなれば必然的に頭部の髪の毛のボリュームは減り、薄毛が目立つようになるでしょう。見た目的にも変化してしまうため、周囲からのイメージダウンにつながる可能性があります。そのため、できるだけ症状が出た場合には放置せずなんらかの対策をしていくことが大切です。薄毛対策をすることで症状を抑えることにもつながり、薄毛の進行を食い止めることになるでしょう。

対策は育毛剤やシャンプーですればいいの?

AGAの進行を食い止めるためには、手遅れになる前の対策が重要です。髪の毛が成長しやすいように、さまざまな対策をしていくことが大切です。
育毛剤を使用することで、頭皮環境を整えるというのも一つの方法です。髪の毛の成長のためには、頭皮環境が乱れていると、抜け毛増加につながります。頭皮環境が整った状態になることで、健康的な髪の毛の維持をすることができます。
また、シャンプー剤などを変えてみるというのも一つの方法です。シャンプー剤によっては刺激が強すぎてしまい、抜け毛の原因となることもあります。頭皮環境を改善するために育毛シャンプーを利用してみましょう。頭皮に対して負担が少ない低刺激なタイプのため、髪の毛の成長にいい状態を作ることになります。頭皮や髪の毛の状態を清潔な状態に保ち、頭皮への負担も少ないことで、抜け毛増加を防ぎ、健康的な髪の毛の成長につながります。その他にも自分でできる対策はあるため、発毛を促進させるための自分に合った対策を見つけることも大切です。

とはいえ、AGAが進行しだしたら、自力でそれを食い止めるのは大変な困難を極めます。ですので、全て自分でなんとかしようとせず、早めに専門治療院へ行き、相談に乗ってもらうべきです。

とにかく早めにAGA専門クリニックにいこう!

薄毛の状態や抜け毛に悩む場合には、前述の通り専門家からのアドバイスをもらうということが大切です。
毛母細胞の寿命やヘアサイクルなど素人では日頃、それほど気にしていないことでも、プロの方からわかりやすく説明を受け、生活習慣や食生活などへのアドバイスを受けることで、生活の見直しと改善をしていきましょう。

また、有効な治療についてもいろいろと相談してみることも重要です。自分の生活状況や頭皮などの状態、さまざまなことを含めて自分に合った治療法を探すということも、対策につながります。

さまざまな方の頭皮の状態や症状を知っているプロからの意見は参考になり、治療についてもその人に合った治療などをすすめてくれるため、AGAの症状が改善されない場合や薄毛の進行が止まらないという場合には、早めに受診をすることがおすすめです。