一般的な皮膚科で行われるAGA治療とは?

AGA治療は一般の皮膚科でも受けることが出来る(例外あり)ので、専門病院に行くよりも、そちらの方が行きやすいと考える人が少なくありません。

しかし、それほど専門的な治療は行わないため、プロペシアやミノキシジルなどを処方して、様子を見る場合がほとんどです。効果の高い最新のAGA治療は受けられない可能性が非常に高いので、それが嫌なら専門病院に行くようにしてください。

一般的な皮膚科は、AGA治療薬の種類が限定されていますし、基本的にはオーダーメイド処方をしてくれるわけではないので…誰が行っても同じものを処方されます。AGAを改善したいときは、薄毛の状態や体質などに合わせた治療でないと、効果が出ないことが多いので、長く通院しても髪の毛の量が変わらないことがあります。

プロペシアやミノキシジルなどの処方により、薄毛が改善すれば、何も問題はありません。しかしAGAを発症する理由は人それぞれなので、血液検査や遺伝子検査もなく、ただ単に薬に頼るだけでは発毛効果を実感するのは難しいでしょう。

じゃあ皮膚科でAGA治療するメリットはないの?

いえ、一応ですが…皮膚科での治療にもそれなりのメリットを挙げることは出来ます。皮膚科でAGA治療を受けるメリットは通いやすいことです。

AGA専門病院は一般の人が普段から利用するところではないので、中に入りにくいと感じる人が少なくありません。その点、皮膚科なら、普段からニキビや蕁麻疹などの治療のために通っている人も多いので、そのついでにAGAの相談もしやすいでしょう。

AGA治療費についても、専門病院に比べると安いので、それも皮膚科を利用するメリットになります。しかしながら、それは血液検査や遺伝子検査などの本格的な検査をしないから…といったことが関係しているので、メリットと言い切ることは出来ないかもしれません。プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬の値段についてはそれほど違いはありません。

プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬のみを利用する投薬治療で薄毛を改善(というより対策?予防?)したい場合は、皮膚科で治療を受けた方が良いとも言えるでしょう。

皮膚科は全国にたくさんあり、通いやすいのが魅力です。気軽に中に入りやすく、診察を受けやすいので、まだAGAが疑わしいレベル…もしくは初期段階で、本格的な治療を受ける気がない方には向いているかもしれません。

AGA専門病院で行われるAGA治療とは?

AGA専門病院で行われるAGA治療はさまざまで、プロペシアやミノキシジルなどの投薬治療だけでなく、メソセラピー療法やHARG療法、植毛手術などを受けられます。(※中には投薬治療のみのクリニックもあります)

カウンセリングのあとで、血液や遺伝子の検査を行い、なぜその人が薄毛になってしまったのかをきちんと調べてから、治療を開始するので、高い効果を期待できます。

メソセラピー療法とは、薄毛に効果のある有効成分や、発毛や育毛を促すビタミンやミネラルなどを混ぜた栄養剤を注射で直接頭皮に注入することです。投薬治療よりもダイレクトに、頭皮や髪の毛に育毛成分を届けられます。

HARG療法とは、毛母細胞の活性化をサポートするHARGカクテルという、幹細胞から抽出された成長因子を注射で頭皮に注入する治療法のことです。毛髪再生医療として注目を浴びています。

植毛手術とは、側頭部や後頭部の髪の毛を、薄毛が気になる部分に移植する方法で、短期間でふさふさの髪の毛になれます。経験豊富な医師に任せれば、傷跡が目立たないので誰かに気付かれる心配はありません。

AGA専門病院で治療するメリットとは?

AGA専門病院で治療するメリットは、豊富な症例をもとに、その人に合ったオーダーメイド処方を受けられることです。

AGAの原因は遺伝や生活習慣、ストレスなどさまざまなので、皮膚科のように皆が同じ治療を受けても、発毛や育毛が出来るとは限りません。

投薬治療で効果があらわれる人もいれば、メソセラピー療法やHARG療法を受けないと、変化がない人もいます。AGA専門病院には薄毛改善に詳しい、経験豊富な医師が揃っているので、血液や遺伝子などの検査結果を参考に、それぞれに合った治療法を選択することが出来ます。

薬剤でAGAを改善できない場合であっても、植毛手術で髪の毛の量を増やせる可能性が残っていますので、まずはカウンセリングを受けて、判断してもらうようにしましょう。

一般的な皮膚科では詳しい検査は行いませんし、プロペシアやミノキシジルなどの薬を処方してもらうだけで終わる場合がほとんどです。スピーディーに発毛効果を実感したいなら、皮膚科ではなく、AGA専門病院で治療を受けることをおすすめします。