自毛植毛で髪にボリュームをプラス!

クリニックごとに違う料金システム

専門のクリニックで行われている自毛植毛の料金には、おおよその相場があります。しかしながら、各クリニックごとに料金システムや植毛の単価が違うため、実際にかかる費用に関してはクリニックが公開している料金表などを見て確認するのがベストです。

クリニックごとに差が出やすいのが、例えば基本料金の金額です。20万円前後の基本料金を設定するクリニックが見られる一方、基本料金が一切かからないクリニックもあります。

また、移植する際の単価にも若干幅がありますので、受診するときには料金の比較をしておきましょう。麻酔や事前検査、診察の費用については、無料とするクリニックが非常に多いです。ただ、植毛した部分をウィッグなどでカバーする場合は、別途ウィッグの料金が発生することも考えられます。

単価からおおよその費用が分かる!

自毛植毛の単価は、大体1本当たり350円から540円前後です。1本400円台とするクリニックが多く…2.5本(1グラフト)で1,000円といった具合になります。

50万円前後の予算で治療を受ける場合は1000本から…多くて1500本程度の植毛ができる計算となります。基本料金がかかる場合は、その分も予算に入れておく必要があるでしょう。

事前の検査や診察は無料とするクリニックが多く、1グラフトの植毛の単価が費用を算出するときのポイントになります。ただ、クリニックごとに植毛の方法が違うことから、一概に単価だけでは良し悪しが分からないのが難しいところ。植毛のアプローチなどもチェックして、納得できるクリニックで治療を受けましょう。

50万円の予算でカバーできる範囲はどのくらい?

自毛植毛を受けるに当たっては、予算内でどの程度の範囲をカバーできるかが気になりますよね。1000本から1500本は、大体生え際の部分をカバーできる量に当たります。もちろん、薄毛の進行具合によって多少の個人差はありますが…。

AGAでは、生え際からM字状に薄毛の症状が広がっていくことが少なくありません。生え際から徐々に薄毛の症状が気になりだした方の場合は、50万円の予算でも十分に対応できる可能性がでてきます。

1平方センチメートルの薄毛をカバーするときには、一般的に約80本の植毛が必要と言われています。自毛植毛のプランを立てるときには、薄毛の範囲をチェックして、必要な本数をイメージしておくと役立ちます。

自分に合ったクリニックを選びましょう

こういった自毛植毛を行うクリニックは、全国的に増える傾向が見られます。自毛植毛はAGAの新しい治療法として注目されていますので、治療に熱心に取り組むクリニックやドクターも次々に登場しています。

治療の際の痛みやダウンタイムを少なくするような工夫も行われており、自毛植毛はこれからも期待が持てるAGAの治療法です。

クリニックを探すときには、料金や治療の方法などを比べて、自分に合っているかどうかを判断するのが良い方法となります。

無料で提供されているカウンセリングサービスを利用すると、ホームページや口コミといったネットの情報からは分からない、本当のクリニックの雰囲気やドクターの姿勢などもうかがい知ることができますので、必ず利用するようにしましょう。