治療費用

まずはAGAの治療方法の種類について知りましょう

AGAは男性型脱毛症をあらわす言葉です。抜け毛は仕方がないと諦めていると、AGAは進行性なのでどんどん症状は進んでしまいます。治療の方法を知っておきましょう。

AGA治療は大きく分けて3つあります

投薬は、抜け毛の原因となる男性ホルモンの因子を阻害して、抜けを防ぐという方法です。薬を飲んだからと言って、すぐに毛が生えるわけではないので注意しましょう。

自毛植毛は、毛の生えている部分の毛根を切り取り、植毛すると言う方法です。効果はすぐに実感できますが、治療に時間がかかります。

ハーグ療法は比較的新しい治療法です。発毛因子を直接頭皮に注射するという方法で、今までにない効果が期待できると注目されています。

AGAの原因は個人によって異なるため、治療法も自分に合ったものを選ぶ必要があります。クリニックでは、治療前に必ずカウンセリングを行っているので、医師に悩みや状態を伝えて、自分に合った治療法を探しましょう。

各AGAの治療方法でかかる費用の相場とは?

AGAの治療は、健康保険が適用されません。そのため、治療費は全額自己負担となります。そのため、クリニックにより治療費は異なりますが、それぞれの相場を知っておくと安心して治療を受けることができます。

投薬治療は、飲み薬と塗り薬の併用で、1カ月あたり2万~4万円が目安になります。使用する薬剤によって、金額はかわってきます。

自毛植毛の場合は、治療の基本料金に加えて、植毛する量によって金額が変動します。1000株植毛した場合の目安は、90万~100万円をこえることもあります。

ハーグ療法は、6回の治療を1クールとして行う必要があります。1回あたり10万円の費用がかかり、初診料なども含めると治療にかかる費用は、1クールあたり80万円が相場になります。

同じ治療をしても、クリニックにより差が出ます。これらの費用はあくまで目安として考えましょう。状態によっても治療費は変わってきますので、事前のカウンセリングを受けるようにしましょう。

結局どの治療方法が一番安く済むの?

AGA治療をするのなら、安い治療法で早く治したいと考える人が多いです。患者さんのその気持ちは医療者側にも伝わっているのですが、実はどの治療が一番安く済むかというのは、一概に言えません。

その理由は、それぞれの治療にはメリットがありますが、反対にデメリットもあります。

投薬治療の場合は、一時的にかかる負担はそれほどでもありませんが、継続しなければ効果を感じることはできません。

ハーグ療法や自毛植毛は、数十万円という費用がかかりますが、一度払ってしまえばそれ以降は費用がかかりません。

個人の状態に合わせた治療が必要になりますし、安くて効果的な治療というのはまだ決められない状態です。

それぞれの治療法のメリットとデメリットを考えて、自分に合った方法を選ぶのが一番だと言うことです。

価格ばかりに気を取られて治療方法を選んでいては、自分が希望する結果とならない可能性が大いにあります。医師と相談して、自分に合った治療を受けることが大切です。

最適な治療方法を自分で判断できない人の為の専門クリニックです

自分に合った治療を受けることが、AGAでは非常に大切になります。しかし、自分にとって最適な治療はどれかというのは、ひとりではなかなか判断するのが難しいでしょう。

そのような場合は、AGAの専門クリニックに行って相談しましょう。相談はカウンセリングとも呼ばれていて、無料で行うことができるクリニックも多数あります。

病院では、血液や遺伝子を検査することで、髪の毛の状況を客観的に判断してくれます。状況に合った治療をすることで、より高い効果を得ることが可能となります。

最近は皮膚科などでもAGA治療を行っていることがありますが、AGAというのは治療の経験や実績が求められる治療です。近所の皮膚科に行くよりも、AGA治療を専門で行うクリニックに行かれることをおすすめします。

治療実績があり、自分と同じような症例の治療も経験していると、安心して治療を受けることができます。自分の状態や悩みなどを医師に話すことで、改善する方法を一緒に考えてくれることでしょう。